都議補選・北区 自民の山田氏が初当選

2020年7月6日 10時45分
 東京都知事選と同じ5日に投開票された都議補選北区選挙区(被選挙数1)は、自民新人の元区議山田加奈子さん(49)=公明推薦=が初当選した。都内の事務所では支持者らの笑顔があふれた。

当選が確実となり支持者と万歳して喜ぶ山田加奈子さん(中)=東京都北区で

 5日午後11時20分ごろ、当選が確実になり、区内の事務所に山田さんが姿を現すと、支持者が拍手と歓声で迎えた。山田さんは「大変厳しい選挙でした。このような結果を出せたのは、オール自民党で戦えたことと公明党の支援があったから」と感謝。「北区と都、国をつなぐ真ん中で働いていきたい」と意気込みを語った。
 同選挙区では、小池百合子都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会の他、自民、立民、維新、諸派の新人5人が争った。小池都政の事実上の与党である公明は次期衆院選をにらみ、国政で連立を組む自民の山田さんを推薦した。
 候補者全員が女性ということでも注目される中、山田さんは区議を4期13年務めた実績を訴え、支持を広げた。 (砂上麻子)

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧