「移動はタクシーで」「マスコミに話さないで」…関係企業などに指南

2020年7月7日 06時00分
 

サービスデザイン推進協議会が入るビル=東京都中央区


 「すべてその場で答えず、書面で質問を寄こすよう伝える」。持続化給付金事業を受注した一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ協)の理事で、電通出身の平川健司氏は関係企業に対して、電通リスク広報チームへの連絡などマスコミ対策を指南していた。
 関係企業に送られたメールによると、電通チームはOBの平川氏のほか、3人のメンバーがおり、同社のメールアドレスを使用している。チームの存在は公になっておらず「マスコミには話さないで」と口止めもしていた。
 サ協に関する取材はサ協の広報アドレス宛てのメールに集約させる一方、電通チームへの連絡の徹底を要請。サ協の広報体制を巡っては、野党議員から「(問い合わせへの)返事がこない。説明責任を果たそうという体制があまりにも弱い」との批判も上がっている。
 平川氏は「広報対応のご支援」「広報リスクをさげる」との名目で、サ協の代表理事経験者らに、自宅や事務所の住所、家族構成、外出スケジュールまで問い合わせていた。「移動はなるべくタクシーで」など直接取材への対策とみられる細かい指示も送っていた。(森本智之)

関連キーワード

PR情報

経済の最新ニュース

記事一覧