機関車仮面 現る 土屋武之さん

2020年7月7日 07時05分
 東海道新幹線の新横浜−小田原間で北側に見える湘南日向(ひなた)岡住宅は、丘の上に立ち並ぶカラフルな建物が、名物車窓として最近、知られるようになった。見晴らしの良さは昔からで、1976年には造成中だったここと周辺で、人気シリーズとして現代に続くヒーロー番組のロケが行われている。「秘密戦隊ゴレンジャー」だ。
 しかも、登場した黒十字軍の怪人は機関車仮面。第46話「黒い超特急!機関車仮面大暴走」である。「シュシュポッポ」と煙を吐いて疾走しつつ、ゴレンジャーの秘密基地を探したというこの仮面怪人は、ゲリラ撮影を敢行して新宿駅西口周辺を走り回ったり、編集と特撮を駆使してまで新幹線と競走し勝ってしまうといった憎めない暴れっぷりで、子供たちを喜ばせた。
 放送は同年4月10日。その1カ月ほど前の3月2日には、北海道の追分機関区で、国鉄最後の蒸気機関車が火を落とし、SLブームも終焉(しゅうえん)を迎えている。4月13日には同機関区で火災が発生。多くの保存予定車が焼失してしまった。機関車仮面は最後、「ワシの時代は終わった…」と叫んで爆死する。この回は、スタッフたちの蒸気機関車へのレクイエムだったかもしれない。

関連キーワード

PR情報