ブラジル大統領が新型コロナ感染 マスク着け会見も終了後即外す

2020年7月8日 10時45分

7日、ブラジルの首都ブラジリアで、新型コロナウイルス検査で陽性だったと現地テレビの取材に明らかにするボルソナロ大統領=ロイター・共同

◆トランプ氏と同じ薬服用

 南米ブラジルのボルソナロ大統領(65)は7日、新型コロナウイルスに感染したと発表した。複数の現地テレビ局との会見にマスク姿で応じ、自ら明らかにした。
 ブラジルメディアによると、ボルソナロ氏は発熱やせきなどの症状があり、6日の検査で陽性反応が出た。トランプ米大統領が治療薬として有望視していた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を服用したという。治療への有効性は証明されていない。

◆マスク外して笑顔

 ボルソナロ氏は報道陣に「新型ウイルスが人口のかなりの部分に遅かれ早かれ達するのは誰もが分かっていた」と主張。会見が終わるとマスクを外し、笑顔をふりまいた。
 ブラジルは7日時点で感染者約166万人、死者約6万6000人と米国に次いで多く、感染拡大が続いている。ボルソナロ氏は新型ウイルス感染症を「ちょっとした風邪」と形容し、経済活動を滞らせる外出制限などの感染対策を批判。マスク着用を義務づけた首都ブラジリアの法令を無視して支持者らとの接触を繰り返し、6月には連邦裁判所から法令に従うよう命じられた。 (ニューヨーク支局・赤川肇)

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧