菅氏、なお「基地負担減に全力」…宜野湾市長と会談 中谷氏らとは温度差

2020年7月9日 06時00分
 菅義偉すがよしひで官房長官は8日、沖縄県宜野湾ぎのわん市の松川正則市長と官邸で会談した。同市の米軍普天間ふてんま飛行場の早期返還と速やかな運用停止の要請を受け「基地負担軽減に全力で取り組む」と答えた。ただ、自民党内では石破茂、中谷元・両防衛相経験者が普天間飛行場の名護市辺野古へのこ沿岸部への移設案見直しに言及するなど、情勢変化の兆しも見え始めている。
 要請書は「普天間飛行場の固定化は絶対にあってはならない」と指摘。返還期日の確定や財政支援制度の創設を求めた。この後、松川氏は衛藤晟一沖縄北方担当相とも東京都内で会い、同様の要請書を渡した。
 辺野古移設を巡っては、石破氏が2日の講演で「とにかく進めるというだけが解決策だと思っていない」と述べ、唯一の解決策とする政府方針に疑問を呈した。中谷氏も「辺野古を見直すべきだ」と唱え、考え方の違いが表面化している。
 辺野古沿岸部に建設中の代替施設が、震度1以上の地震で護岸崩壊の危険があるとする地質や地盤の専門家グループの分析も見直し論を後押ししている。「ポスト安倍」を目指す石破氏は、首相に就任すれば辺野古で見つかった軟弱地盤の問題を検証するとしており、辺野古移設の議論が政局に影響する可能性も出てきた。 (共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧