栃木市内の全43小中学校に夏季給食アイス提供 「暑さに負けず頑張る子を応援」 

2020年7月9日 07時48分

給食で提供するアイス=栃木市役所で

 新型コロナウイルス感染症による臨時休校の影響で夏休みが短縮された市内小中学生を励ますため、栃木市は八日、給食時間に地元産の「レモン牛乳アイス」などのアイスを今月から来月にかけて計四回、提供すると発表した。
 「暑さに負けず頑張る子どもたちを応援したい」と大川秀子市長。提供対象は市内全四十三小中学校に通う一万千二百七十七人。臨時休校の遅れを取り戻すため、今年は夏休み期間が八月一〜十六日に短縮された。全校ともエアコン完備ながら猛暑の中、登下校を余儀なくされる。
 市教育委員会によると、夏休み期間をのぞく七月二十一日〜八月二十七日の間に四回提供。その他のアイスは「栃木県産とちおとめアイス」「アイスミルク」「ガリガリ君」。 (梅村武史)

関連キーワード

PR情報