活動再開…新たな目標へ 小金井市学童野球19日から夏季大会

2020年7月2日 04時53分

 小金井市少年軟式野球連盟は、新型コロナウイルスの感染予防で自粛していた活動を再開し、6月27日には上水公園運動施設で、南小レッドイーグルスが練習を行った。

練習試合を行う南小レッドイーグルス(赤)と立川レイズ(中谷謙二撮影)


 5、6年生17選手が参加し、キャッチボールや守備練習の後、この日遠征してきた立川レイズと練習試合を行った。同連盟は中止になった春夏大会に代わり、学年別トーナメント大会を今月19日から実施する。
 レッドの池内幹人監督は「練習が再開され、うれしいの一言です。選手たちが目標を失わないよう、新たな大会ができてよかった」と語り、三橋司主将は「自粛期間中は素振りなどの自主練習を行っていました。7月の大会はぜひ勝ちたい」と話した。 (中谷謙二)

関連キーワード


おすすめ情報