世田谷学童高学年春季大会が開幕

2020年7月9日 12時00分
 東京都世田谷区の学童高学年春季軟式野球大会(主催・世田谷区軟式野球連盟)が5日、同区の区立総合運動場内で1回戦が行われ、3回コールド勝ちの芦花ベアーズAなど4チームが2回戦にコマを進めた。 (竹下陽二)


打線爆発 芦花ベアーズAコールド勝ち


 爆勝だ。芦花ベアーズAがコロナ自粛期間のうっぷんを晴らすかのような10得点だ。

[photo:3回無失点の小野]

打線に火が付いたのは、小雨がぱらつき始めた二回裏だ。四球と盗塁、さらに、相手の祖師谷ビクトリーの守備のミスに乗じて2点を先制して、なおも1死三塁で9番の吉川琳太郎が左中間を破る快打。135センチの5年生は俊足を生かして長駆ホームイン。「人生2度目のホームラン。気持ち良かった」と会心の笑み。
 

[photo:2回裏、右中間を破る3ランランニングホームランの長谷川]

これで、さらに、勢いづいたベアーズ打線は相手のピッチャーの動揺を突いて、一気に畳み掛ける。押し出し四球などで3点を追加。7点のリードを奪って、なおも1死二、三塁で6番の長谷川路加(るか)が右中間を破る3点ランニングホームランで息の根を止めた。前日の紅白戦で散々だったという長谷川は「久しぶりのホームラン。打てて良かった」と安堵(あんど)の表情。

[photo:2回裏、2ランランニングホームランで小躍りして生還する吉川]


 二回の怒濤(どとう)の13人攻撃でコールドを決めた芦花ベアーズA。中嶋雅キャプテンは「野球がやりたかった。自粛期間はつらかった。久しぶりの試合でプレーボール直後はぎこちなかったけど、二回から心が一つになった。この調子で勝ち進みたい」と声を弾ませた。






(東京新聞 2020.7.9)

関連キーワード


おすすめ情報