沖縄米軍61人感染、基地封鎖 普天間とハンセン、知事「遺憾」

2020年7月11日 23時02分 (共同通信)
 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=11日午後、沖縄県庁

 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=11日午後、沖縄県庁

  •  記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=11日午後、沖縄県庁
 沖縄県は11日、県内の米軍関係者の新型コロナウイルス感染確認が、7~11日にかけて計61人に上ったと、米側から報告を受けたと明らかにした。県は米軍関係者を県内の感染者数に計上しない。
 沖縄県は、在沖縄米軍トップの沖縄地域調整官が玉城デニー知事と電話会談し「普天間飛行場とキャンプ・ハンセンについては、ロックダウンを行っている」と伝えたことを明らかにした。県は取材に対し、ロックダウンは一時的な基地閉鎖だとの認識を示した。
 発表に先立ち、玉城氏は記者会見し「報告内容に衝撃を受けた。極めて遺憾。(米軍の)感染防止対策に強い疑念を抱かざるを得ない」と批判した。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧