<新型コロナ>船橋市長「大変ショック」 老舗旅館など、相次ぐ廃業・閉館 

2020年7月12日 07時17分
 新型コロナウイルスの感染拡大などが要因となり、船橋市中心部一帯にある老舗割烹(かっぽう)旅館「玉川旅館」をはじめ、船橋グランドホテル、料亭「なべ三(さん)」などが相次いで廃業・閉館(予定含む)となったことに、松戸徹市長は10日の記者会見で「大変ショック」と述べた。
 玉川旅館は4月末に廃業し、本館など3棟が国登録有形文化財だった。なべ三は6月末に廃業し、幾つもの宴会場がある船橋グランドホテルは8月末で閉館する。いずれも市民らの宴会や祝い事で利用され、親しまれてきた。3施設とも、新型コロナでの利用客減が大きな要因としている。
 松戸市長は「船橋の人口は増えており、人の流れが活発なのに、市民が集まる場所が失われるのは、まちづくりへの影響が大きい」と残念がった。また「店舗が再開できるようサポートする方法があるのかを検討したい」とも語った。 (保母哲)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧