定員半分、来月再開 高崎芸術劇場

2020年7月12日 07時19分
 高崎芸術劇場(高崎市栄町)は、新型コロナウイルスの影響で3月から取りやめていた主催公演を8月に再開する。「ソーシャルディスタンス対応公演」と銘打ち、客席数を定員の半分に抑えるなど感染予防対策を講じた上で開く。8月に予定するのは2公演。観客の間隔を空けるため、ともに客席数を約200席に制限する。
 皮切りは同月2日のジャズ公演「アコースティック・ウェザー・リポート」。1970〜80年代に活躍した米国のジャズバンド「ウェザー・リポート」をアコースティック楽器で再現しようと、日本を代表するミュージシャンが結成したユニットが登場する。
 同月19日にはクラシックを予定。ハープとピアノ奏者のデュオ「メルコレディ」が出演する。5月にデビューCDをリリースして注目されたが、新型コロナウイルスの影響で東京や名古屋などの3公演が中止になっていた。
 問い合わせは同劇場チケットセンター=電027(321)3900=へ。 (石井宏昌)

関連キーワード

PR情報

群馬の最新ニュース

記事一覧