水際対策強化に時間かけすぎ、流入許す

2020年7月14日 06時00分
<検証・コロナ対策 1>
 新型コロナウイルスの感染が再び、東京を中心に首都圏でじわりと広がりつつある。半年前までは未知のウイルスだったが、対策の試行錯誤を経て私たちも知恵を付けてきた。その歩みを振り返り、危機への備えに何が必要かをあらためて考える。

◆不十分な水際対策に焦り

 「前のめりになった」。6月24日、政府専門家会議座長の脇田たか(61)らは、記者会見で活動をそう振り返った。新型コロナウイルス対策を担当する経済再生担当相の西村康稔(57)はこの日、政府専門家会議の廃止を発表した。
 同じ日、厚生労働省は海外から成田空港などに到着した人のうち、2日間で7人が陽性だったと公表した。いずれも無症状だが、空港での検査で発見。ウイルスの流入を防いだ。
 だが、3カ月余り前は違った。不十分な水際対策への危機感から、会議は前のめりになっていた。

◆中国対策の裏で欧州から

成田空港の検疫所では、緊迫した水際対策が続いている

 「これはまずい」。3月10日ごろ、脇田は手元に届いたデータを見て思った。イタリア、フランス、スペイン…。国内で感染が確認された人の中に、欧州からの帰国者が出始めていた。
 中国からのウイルス対策に力を注ぎ、9日の会見で「何とか持ちこたえている」と述べたばかりだった。ところが欧州で感染爆発が起き、世界保健機関(WHO)事務局長のテドロス・アダノム(55)は11日にパンデミック(世界的大流行)を宣言。局面が変わりつつあった。
 首相の安倍晋三(65)が五輪を「予定通り開催したい」と表明した14日、会議のメンバーらは勉強会を開く。欧州などで感染者が急増しているデータは、強い危機感を共有するのに十分だった。政府に水際対策の強化を求める方向になる。
 脇田は19日の会議まで待つ猶予はないと判断。17日、「至急、帰国者や訪日外国人対応を」との要望書を提出する。4月の感染拡大を防ぐには、ここからの2週間が岐路だったことが後に分かる。

◆上野の花見客に衝撃

 19日の会議も厳しい認識が相次いだ。「楽観視すべきでない」「これまでの対策で乗り切れるとは思えない」。副座長の尾身茂(71)は深夜の会見で、「オーバーシュート(感染爆発)」の言葉を初めて使った。ところがー。
 「上野公園は花見客でにぎわっています」。20日からの3連休、テレビで行楽地の様子を見た脇田は愕然とした。「メッセージが伝わっていない」。連休後、東京都新宿区の国立国際医療研究センター病院で、感染症医の大曲貴夫(48)はスタッフから「先生、絶対おかしいです」と報告を受ける。検査で陽性者が急増していた。「このままだと(感染爆発した)ニューヨークになる」と恐怖心を抱いた。

◆遅すぎた検査強化

 五輪の延期が決まった翌日の25日、政府は国民に不要不急の海外渡航を控えるよう要請。水際対策は少しずつ強化していたが、4月3日に帰国者への検査を3倍の73カ国・地域へと大幅に増やした。脇田の要望から2週間がたっていた。
 水際対策は厚労省のほか、外務省や法務省、国土交通省がかかわる。会議のメンバーは「ここにお願いしたらすぐ動く、とかでなく間に何枚か壁がある」と、もどかしさを感じた。助言組織の限界も見え、会議は自らの発信をさらに強め、前のめりになっていく。
 10日、国内で感染が確認された人は700人超とピークに達した。3月中旬の10倍以上。医療現場では病床が足りず、崩壊の危機に直面した。「(水際対策強化の)政策に一定の時間がかかり、(ウイルスが)入ってしまった」。脇田はそう振り返る。

◆成田はパンク寸前

 政府は現在、入国制限の緩和に乗り出しているが、水際対策は綱渡りの状態が続く。感染者数が世界で累計1000万人を超えた6月28日、成田空港では検査体制が追いつかず、運航に影響が出た。翌日、WHO事務局長のテドロスはあらためて表明した。「パンデミックは加速している」 (敬称略、肩書は当時)

 ご意見、情報をお寄せください。ファクスは03(3595)6919。 メールはshakai@tokyo-np.co.jp 郵便は〒100 8505(住所不要)東京新聞社会部「コロナ対策 検証取材班」へ。

関連キーワード

PR情報