関東エリア 行って良かった宿泊旅行観光地 草津1位 伊香保と日光4位

2020年7月15日 07時51分

 関東エリア人気観光地ランキングの「二〇一九年に宿泊旅行で、行って良かった観光地」で、草津が一位に選ばれたことが、リクルートの旅行情報誌「関東・東北じゃらん」の調査で分かった。ベストテンでは、群馬県からは伊香保とみなかみ、栃木県からは日光と那須、鬼怒川が入った。
 調査は一月末から二月初めにかけ、関東と甲信越、静岡の一都十県の二十〜六十九歳の男女を対象にインターネットで実施。二千六十六人から回答を得た。同じ一都十県の関東と甲信越、静岡の計百九十六カ所の観光地を選択肢とした。
 一位の草津は、訪れた人のうち80%が「行って良かった」と回答。伊香保と日光は72%、那須は71%などだった。
 「関東・東北じゃらん」編集部は一位に草津が選ばれたことに「二位の箱根と合わせ、首都圏からの交通アクセスの良さと、温泉地としての魅力にあふれているのが幅広い層から支持された」と指摘している。 (池田知之)

◆宿泊旅行で行って良かった観光地

(1) 草津(群馬)
(2) 箱根(神奈川)
(3) 舞浜・浦安(千葉)
(4) 伊香保(群馬)
(4) 日光(栃木)
(6) 那須(栃木)
(7) みなかみ(群馬)
(8) 鬼怒川(栃木)
(9) 鴨川(千葉)
(10)軽井沢(長野)

関連キーワード

PR情報