東京都 感染警戒レベル最高に 小池知事「Go To トラベル」再考を

2020年7月16日 06時00分
記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁で

記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁で

  • 記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁で
 新型コロナウイルス感染者の増加を受け東京都は15日、都内の感染状況を4段階の警戒度の最高レベルにあたる「感染が拡大している」に引き上げた。小池百合子知事は臨時記者会見で、都民に都外への不要不急の外出自粛などを改めて要請。22日から始まる政府の観光支援事業「Go To トラベル」は「実施時期や方法についてよく考えてほしい」と見直しを求めた。都内ではこの日、新たに165人の感染者が報告された。(小倉貞俊)
 「東京都は『感染拡大警報』の状況にある」。会見で小池知事は、警戒を示す赤と黄色地のボードを掲げてこう強調し、都民に都外への外出自粛のほか、感染防止対策が不十分な飲食店の利用を避けるよう要請。事業者には、業種ごとのガイドラインに基づく感染防止策の徹底などを求めた。
 医療・検査体制の拡充策では「夜の街」対策で負担が増えた新宿区保健所支援に、20日から都健康安全研究センター内に保健所支援拠点を置くことや、軽症者ら向けの宿泊療養施設を今月中に新たに2カ所開くことを明らかにした。
 要請は、新型コロナ特措法24条9項に基づくもので、従来の「お願い」よりも位置付けは重くなるが、強制力はない。小池知事は「実効性を上げるためにも、休業要請などに応じない事業者に対する罰則の適用など、国に対して特措法の改正を強く求めていく」との考えを示した。
 一方「Go To トラベル」には「都民が都外のホテルを予約しようとしたら、東京のお客様はお断りするように言われている、と答えたホテルがあるなど厳しい状況がある。どうやって効果あるキャンペーンにしていくか国で考えていただく必要がある。延期か地域を限定するのか、一番良い方法を」と注文した。
 警戒レベル引き上げにあたり、都は専門家を交えたモニタリング会議を開催。13日までの1週間で新規感染者数(7日間平均)が168・4人と前週の1・5倍に増え、緊急事態宣言下の最大値だった4月14日の167・0人を超えたことなどから引き上げた。医療提供体制の警戒度は、重症患者が横ばいであることなどから、2番目に重い「体制強化が必要である」に据え置いた。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの最新ニュース

記事一覧