<新型コロナ>新たに5人感染 県内225人に

2020年7月20日 07時21分
 県は十九日、新たに十代の男子学生ら五人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計二百二十五人になった。
 県によると、五人のうち四人が十七日に感染判明の土浦保健所管内の三十代女性の家族。男子学生や未就学女児、石岡市の三十代自営業男性、父親でひたちなか保健所管内の六十代男性会社員を含む。いずれも症状がないか軽い。男子生徒の学校は休校にせず、同じクラスの生徒を検査する。県は父親以外の続柄や学校名を明らかにしていない。
 父親は十八日に感染判明のひたちなか保健所管内の六十代女性の夫。東海村の日本原子力研究開発機構原子力科学研究所で請負業者として勤務。機構によると、研究用原子炉などがあるが、立ち入りはせず、安全上の問題はないとする。
 残る一人は、栃木県の外国籍の三十代女性工員。茨城県内の同じ職場に感染者がいた。症状は軽い。
 また、県は十九日、二人が療養を終えたと発表。退院などは計百八十五人となった。(水谷エリナ)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧