新たに6人の感染確認 県内174人に

2020年7月23日 07時19分
 県は二十一日夕、新型コロナウイルスに桐生市在住で障害者通所施設に勤める二十代の男性が感染していると確認したと発表した。二十二日には、伊勢崎市のいずれも六十代の男性会社員と、同居する無職の女性、他に三人が感染していると確認したと発表。県内の感染確認者は計百七十四人になった。
 桐生市の男性は十五、十六日に施設で勤務。十七日に発熱があった。男性は十五日に羽田空港へ親族を車で迎えに行ったという。
 伊勢崎市の二人は、同市の「二葉こども園」で勤務し、東京都新宿区の劇場でウイルスに感染したとみられる女性保育教諭の関係者の家族。うち男性は二十日にせきがあり、二十一日に熱が出た。
 太田市の三十代男性と、家族で十歳未満の男児も感染が判明。同市在住の五十代男性も感染が確認された。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧