ALS嘱託殺人容疑者、SNSに安楽死希望書き込んだ女性に「手伝いたい」

2020年7月24日 06時00分
大久保愉一容疑者=クリニックのHPから

大久保愉一容疑者=クリニックのHPから

  • 大久保愉一容疑者=クリニックのHPから
  • 逮捕されJR京都駅に着いた山本直樹容疑者
 病に侵され動かなくなっていく体を見つめ、自らの生死は自分で決めたいと発信を続けた女性に、共通する死生観を持つ医師がインターネットで安楽死を持ち掛けた。23日に逮捕された医師2人は主治医ではなく、女性とは事件当日に初めて会ったとみられる。金銭のやりとりもあったとされ、これまで是非が議論されてきた安楽死の在り方とかけ離れ、特異さが際立つ。

◆「訴追されないなら」

 事件の約11カ月前だった。2019年1月3日午後5時45分。「作業は簡単だろうからカリスマ医者じゃなくてもいいです」。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の林優里さん=当時(51)、京都市中京区鍛冶町=がツイッターで安楽死を希望する書き込みをすると、医師大久保愉一よしかず容疑者(42)はこう持ち掛けた。「訴追されないなら、お手伝いしたいのですが」。2人の交流はこの頃から始まったとみられる。
 林さんは「『お手伝いしたいのですが』という言葉が嬉しくて泣けてきました」と応答。2日後には「『完全安楽死マニュアル』みたいな本に俺なりの毒を加えて販売したい」との大久保容疑者のつぶやきに「先行予約します」と反応していた。

◆安楽死肯定する投稿多数

 18年4月にツイッターアカウントを開設。プロフィル欄には自身が11年からALS患者であることを明かし「動かない食べられない話せない身体」「自らの生と死の在り方を自らで選択する権利を求める」とつづっていた。一方の大久保容疑者は「しがない臨床医」と自称し、安楽死を肯定するかのような投稿を多くしていた。
 当初は自殺ほう助による安楽死が認められているスイスに渡ることを希望していたとみられるが、病状が進行。19年8月の投稿からは「やはりスイスか?キツいな」「こんな身体になった病人がなんとか死ぬ方法を考えないといけないのか」と、渡航を巡る揺れる胸の内がうかがえる。
 同じ時期、大久保容疑者からは「定期的に訪問介護が来てしまい、強制的に助けられてしまう悪条件と理解しています。(著名な探偵漫画の)コナンや金田一どころではない計画が必要」と持ち掛けられていた。

◆事件当日に初対面か

 死亡の約1カ月前には「賃貸マンションで病死したらどんな費用がかかるか心配」「少なくとも腐敗はしなくて良さそうだからそんなにかからないかな?」などと、自宅で死亡することを決意したかのような書き込みも。捜査関係者によると、事件に至るまでの具体的なやりとりは、第三者が見ることができないダイレクトメッセージ機能を使用しており、この時には既に大久保容疑者らに嘱託殺人を依頼済みで、事件当日に初めて顔を合わせたとみられる。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧