トランプ氏が共和党大会の開催を断念 「大集会開くべき時ではない」

2020年7月24日 21時07分
米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領=23日、UPI・共同

米ワシントンのホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領=23日、UPI・共同

 【ワシントン=岩田仲弘】トランプ米大統領は23日の記者会見で、大統領選の共和党公認候補として指名受諾演説をする予定だった来月27日の南部フロリダ州ジャクソンビルでの党大会開催を断念すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が理由で「今は大きな集会を開くべき時ではない」と述べた。
 党大会は当初、8月24~27日の間、南部ノースカロライナ州シャーロットで開催する予定だったが、同州知事(民主党)が州民の健康を優先し規模縮小を要請。トランプ氏が反発し、6月半ばに最終日の演説会場をジャクソンビルに変更した。
 ところがフロリダ州は最近、1日当たりの新規感染者が9000人以上続くなど新たな震源地となり、地元から大規模開催に批判が続出。共和党全国委員会は今月半ば、ジャクソンビルでの開催も規模縮小を余儀なくされていた。
 米キニピアック大が23日に発表したフロリダ州の調査で、トランプ氏のコロナ対策を支持したのは37%で4月より9ポイント減少。不支持率は59%に上った。トランプ氏は会見で「私は米国民を守らないといけない」と神妙な表情で述べた。
 指名手続きなどの党大会行事は当初予定通りシャーロットで開催。トランプ氏は自身が最も重視する演説については「異なる形で行う」と述べるにとどめた。
 民主党はすでに中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーで来月17~20日に開催する党大会をオンライン形式中心で開催することを決めている。

PR情報

国際の新着

記事一覧