埼玉で新たに35人が感染

2020年7月25日 19時05分
 埼玉県内で25日、新たに35人の新型コロナウイルス感染者が発表された。
 県は、東和銀行の岩槻支店(さいたま市岩槻区)に勤務する40代男性行員ら28人の感染を発表。銀行によると、男性は内勤で一般客との接触はほぼないという。支店は店内の消毒を26日に行い、念のため現金自動預払機(ATM)も休止する。27日以降は通常営業の予定。
 さいたま市は上尾市に住む30代の会社員女性ら4人の感染を発表。川口市は30代の接客業女性と40代の自営業男性、越谷市は60代の無職女性の感染をそれぞれ発表した。
 また、日本郵便は25日、さいたま新都心郵便局(さいたま市中央区)で集配を担当する30代の男性職員の感染が24日に判明したと発表。同日から消毒作業を行っており、窓口業務やATMなどのサービスは休止しない。これまでに濃厚接触者は確認されていないという。

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧