<新型コロナ>ウイルス、細菌を本から除去 和光市図書館に新型消毒機

2020年7月26日 07時39分

和光市図書館が導入した新型の図書消毒機(市提供)

 和光市は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市図書館二館(本館と分館)に一台ずつ、新型の図書消毒機を設置した。無料で利用できる。三十秒間で、六冊を一度に消毒・殺菌する能力があるという。
 来館者に安心して図書資料を利用してもらおうと、一台八十四万七千円(税込み)で購入した。大きさは幅六十九センチ、奥行き五十九センチ、高さ百四十二センチ。上半分が本の挿入ボックスになっていて、ボックス下側からファンで風を送り本を開いた状態にしてから、紫外線を当てて表紙やページの消毒・殺菌を行う。ページ間のほこりも除去できる。
 担当者は「基本的に、貸し出し手続きが終わった図書資料にご利用ください」と呼び掛けている。 (加藤木信夫)

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧