生きたカブトムシやクワガタ、間近に 大田原・ふれあいの丘自然観察館で企画展

2020年7月26日 07時51分

世界最大級のヘラクレスオオカブトも展示されている=大田原市で

 子どもたちが大好きなカブトムシとクワガタを集めた夏の企画展「世界のカブト・クワガタ展」が、大田原市の市ふれあいの丘自然観察館で開かれている。二十種類の生きたカブトムシやクワガタを観察できるのが特徴。世界最大クラスのカブトムシやクワガタが間近に楽しめる。九月十三日まで。 (原田拓哉)
 中南米を中心に生息するヘラクレスオオカブトは、世界で最も大きなカブトムシとして知られる。展示されているのは十三センチほどだが、十八センチに及ぶ個体もあり、子どもたちの人気を集める。同じ南米に暮らす、一対の角が特徴のネプチューンオオカブトも大きなカブトムシだ。
 南アジアなどに分布するギラファノコギリクワガタは、大型種のクワガタの一つ。アフリカで生息するクワガタの仲間のタランドゥスツヤクワガタは、鮮やかな光沢を見せる。
 国内のクヌギやナラなど落葉樹で見られるヤマトカブト、ミヤマクワガタも楽しめる。生体以外では、カブトムシ二百五十五体、クワガタ千三百四十九体の標本も展示している。世界各地の珍しい個体も数多い。
 鈴木昭宏館長は「図鑑でもいいですが、やはり、触角や足が実際に動くのを見ると、さらに関心が高まるので、ぜひ足を運んで」と呼び掛けている。入館料は大人二百円、小中学生百円。原則月曜休館。

関連キーワード


おすすめ情報