神奈川県で新たに14人感染 8人が経路不明 <新型コロナ>

2020年7月27日 18時35分
 神奈川県内で27日、新たに14人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち8人が感染経路不明。県と、横浜、川崎、藤沢、茅ケ崎の4市の保健当局が発表した。
 県は、30~60代の男女4人の感染を発表した。座間市の40代男性は倦怠感が出る前日まで飲食店従業員送迎のアルバイトをしていた。横浜市の40代男性は22日に陽性が判明したが厚木保健福祉事務所が県に報告を忘れていた。
 横浜市は、20~50代の男女3人の感染を発表した。40代薬剤師男性は東京都内在住で市内の病院に勤務しているが、患者との接触はないという。
 藤沢市は、3人の感染を発表した。30代の会社員男性は感染経路が不明。20代の女子大学生は家族が感染している。20代の会社員男性は県外在住で、管轄の保健所が調べている。
 茅ケ崎市は、2人の感染を発表した。10歳未満の未就園男児は同居家族の感染が判明して検査を受けた。20代男性は発熱前日に都内で友人と会ったという。
 川崎市は、総合新川橋病院(川崎区)に入院していた幸区の50代女性ら2人の感染を発表。女性は院内感染とみられるという。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧