「観光は切り札」 菅官房長官がワーケーションの意義強調

2020年7月30日 06時00分

記者会見する菅官房長官=首相官邸で

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、リゾート地で休暇を楽しみながらテレワークを行う「ワーケーション」の支援を含む観光振興策について「観光は地方創生の切り札だ。地域の発展に大きな影響を与える」と意義を強調した。
 新型コロナウイルス対策に伴う入国制限によって、インバウンド(訪日外国人旅行者)が途絶えていることから「まずは国内観光を楽しんでもらう環境をつくることが重要だ」と指摘。「新しい旅行や働き方のスタイルとして普及に取り組みたい」と語った。
 テレワークが可能な職種が一部に限られ、労働時間の管理も難しいといったワーケーションの問題点については「さまざまな論点が想定されるので、環境整備の方策について関係省庁で検討を進める」と述べるにとどめた。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧