真田氏ゆかり御城印配布 沼田やみなかみなど8カ所 来月1日から

2020年7月30日 07時43分

真田氏ゆかりの6城訪問を記念する御城印

 戦国時代から江戸初期に活躍した昌幸や信繁を輩出した、真田氏にゆかりのある沼田城(沼田市)と名胡桃城(みなかみ町)、岩櫃城(東吾妻町)、中山城(高山村)、上田城(長野県上田市)、松代城(長野市)の六城の御城印(ごじょういん)を全て集めた人に八月一日から、オリジナルの記念御城印が無料で配られる。
 記念御城印は縦十五センチ、横十センチほど。「真田街道六城攻城記念」の文字に加え六城の名前が書かれ、真田家の家紋「六文銭」「結び雁金(かりがね)」などの朱印が押してある。
 配布場所は沼田市観光案内所と名胡桃城址(じょうし)案内所、東吾妻町観光協会、岩櫃山平沢登山口観光案内所、道の駅「中山盆地」、上田市観光会館観光案内所、真田神社(上田市)、信州松代観光協会の八カ所。六城の御城印をそろえて提示した人に配る。御城印の日付や種類は問わない。六市町村が、真田氏に関心のある人たちを呼び込み観光振興に役立てようと企画した。
 昨年九月に沼田、みなかみ、東吾妻、上田の四市町で四城訪問の記念御城印を無料で配り、好評だったため今年は高山村と長野市が加わった。(渡辺隆治)

関連キーワード

PR情報

群馬の最新ニュース

記事一覧