ディズニーの休園で9割減収 オリエンタルランド赤字に

2020年7月30日 17時25分 (共同通信)
 オリエンタルランドが30日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が248億円の赤字(前年同期は229億円の黒字)となった。売上高は94・9%減の61億円。新型コロナウイルスの感染拡大で、運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(千葉県浦安市)を一時休園したことが影響した。
 両パークは2月29日から約4カ月間にわたって臨時休園したほか、直営のホテルも休業し、売上高がほぼなくなった。休園期間中の人件費や減価償却費などがかさんだことも響いた。
 21年3月期の連結業績予想は、合理的な算定が難しいとして引き続き未定とした。

関連キーワード

PR情報