神奈川県で過去最多76人感染 経路不明は42人<新型コロナ>

2020年7月30日 19時23分

神奈川県庁

 神奈川県内で30日、新たに76人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。4月11日と並んで過去最多となった。県と各自治体の保健当局が発表した。感染経路不明は42人。
 県は20代~60代の男女7人の感染を発表。このうち20代男性は、横浜市教委によると、市立特別支援学校の非常勤教員。31日に同校を臨時休校にする。
 横浜市は20~80代の男女40人の感染を発表した。県警によると、このうち1人は浦賀署地域課の30代の男性巡査。当直勤務を終え、帰宅した19日に発熱し、医療機関を受診。発熱などの症状が続いたため、28日にPCR検査を受け、29日に感染が分かった。軽症。署は、同じ交番で勤務する署員ら10人を自宅待機としている。署は通常通り業務を続けている。
 横須賀市は、40代の男性会社員が感染したと発表。感染経路は不明だが、発症前に東京都内の混雑した場所に出かけたという。
 藤沢市は、男女4人の感染を発表した。30代の女性会社は感染者の濃厚接触者。一度検査した際は陰性で、経過観察中に発症し、改めて検査して感染が判明した。
 茅ケ崎市は、20代、30代の男女3人の感染を発表。川崎市は過去最多の21人の感染を発表した。

PR情報

新型コロナの最新ニュース

記事一覧