埼玉県では新たに57人が感染 川口の高齢者施設さらに5人<新型コロナ>

2020年7月30日 23時26分
 埼玉県内では30日、新型コロナウイルスの新たな感染者が57人発表された。
 県は41人の感染を発表。うち40代無職女性と40代施設職員女性は白岡市の障害者支援施設「太陽の里」の関係者で、同施設の陽性者は計11人になった。このほか従業員や客の計6人が感染している県内の飲食店で、新たに従業員1人の感染も判明した。
 さいたま市は20~50代の男女5人の感染を発表。また、さいたま市教育委員会は市立小男児の感染を発表した。小学校は31日の終業式をとりやめ、臨時休校とする。
 川口市はクラスター(感染者集団)が発生した市内の高齢者施設の女性職員ら10~50代の男女5人の感染を発表。この施設での感染者は計10人となった。越谷市は20代と50代の男女3人の感染を発表した。
 川越市は市内の30代会社員女性、ふじみ野市の30代会社員女性、北本市の50代会社員男性の計3人の感染を発表した。ふじみ野市の女性は、東京都内の会社の同僚が陽性だった。

埼玉県庁

関連キーワード

PR情報

新型コロナの最新ニュース

記事一覧