精巧 隈さんの建築模型 所沢できょうから展示

2020年8月1日 07時29分

国立競技場の模型=所沢市で

 角川武蔵野ミュージアムを含むところざわサクラタウン(所沢市)の設計を手掛けた建築家隈研吾さんの代表作を紹介する「隈研吾展」が一日、同ミュージアム・グランドギャラリーで始まる。隈さんが設計した建築物の精巧な模型のほか、ミュージアム外観「石の壁」に計約二万枚使用された重厚な花こう岩も特別展示される。
 模型は、国立競技場など「木」の建物と、同ミュージアムなど「石」の建物が各四点。構想から設計、実際の工法までを隈さんの設計図やインタビュー映像などで解説する。
 チケットは同ミュージアムの公式サイトでオンライン販売される。新型コロナウイルス対策のため日時指定の事前購入制で入館を制限する。(加藤木信夫)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧