千葉で過去最多の73人感染 佐倉市の2カラオケ店でクラスター<新型コロナ>

2020年8月1日 20時37分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県内では1日、新たに73人と1日当たりで過去最多の感染者が確認された。自治体別では船橋市が15人、千葉市12人と、これまでで最も多い陽性者の判明が相次ぎ、佐倉市のカラオケ店2店舗でクラスター(感染者集団)が確認された。
 カラオケ店では60~80代の男女6人、別の店で60~70代の男女9人の感染者(重複1人を含む)が確認された。いずれも現在は休業しており、県がほかの客などへの調査を進めている。
 その他の自治体では、佐倉市7人、松戸市5人、木更津市4人、浦安市3人、四街道市3人、八千代市3人、市川市2人、君津市2人、成田市2人、市原市2人、習志野市2人、富里市2人、鎌ケ谷市1人、白井市1人、野田市1人、八街市1人。
 千葉市では家族5人のうち4人が陽性の家庭内感染が判明。30代の父親から母親と小学生男児、乳幼児が感染したとみられ、市教育委員会は男児が通う市立小学校を3、4の両日、休校とした。柏市の20~30代の男女4人は、既に陽性が判明した人と同じ会社に勤務し、市内で飲食を共にしていた。
 県の担当者は、「感染経路不明が増えた印象がある。家庭内感染も増えている」と説明。感染拡大の第2波ではないかとの報道陣の問いに対しては「その言葉を使うのが正解かどうかは、専門家の話を聞かないと軽々には言えない」と答えるに留まった。(山口登史、保母哲)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧