パキスタンの犠牲祭、様変わり ヒツジやヤギ、オンラインで購入

2020年8月1日 21時14分 (共同通信)
 パキスタンの首都イスラマバード郊外の市場で家畜を売る人々=7月(共同)

 パキスタンの首都イスラマバード郊外の市場で家畜を売る人々=7月(共同)

  •  パキスタンの首都イスラマバード郊外の市場で家畜を売る人々=7月(共同)
 【イスラマバード共同】イスラム圏で大巡礼の期間が終了し、祝祭「犠牲祭」が始まった。新型コロナの影響で今年は様変わりした。市民は神にささげるヒツジやヤギを市場で購入するのが伝統だが、パキスタンでは密集を避けるため市場の設置が規制され、訪れる客は少なかった。代わりにオンラインで購入したり、現金を寄付したりして済ます人が多くなったという。
 首都イスラマバードでは例年、住宅近接地に市場が設けられ、多くの人でにぎわう。今年は郊外に分散して設置されたが、感染を恐れる市民の足は遠のいたようだ。
 一方、注目されたのがSNSなどで家畜を買い、肉を自宅で受け取るサービスだ。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧