風鈴に誘われ 涼詣で 18日まで高家神社 南房総市千倉町

2020年8月3日 07時17分

淡い光に包まれた風鈴が心を癒やす高家神社の涼詣で=南房総市千倉町で

 料理の神をまつることで知られる南房総市千倉町南朝夷の高家(たかべ)神社で、約100個の風鈴が心を和ませる「涼詣(すずもう)で」が18日まで開かれている。新型コロナウイルスの邪気をはらおうとの願いも込めたイベント。境内では午後6〜10時の間、ライトアップを行っている。
 千倉地域づくり協議会「きずな」の主催。新型コロナで各イベントが中止になる中、懐かしい夏の夕べを体験してもらおうと初めて企画した。日が暮れると参道沿いに飾られた風鈴が淡い光に包まれた。紫や青の和傘約15本もライトアップされ、幽玄な雰囲気を醸し出している。
 きずなの担当者は「癒やしの場にぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けている。 (山田雄一郎)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧