埼玉県では49人感染、2人が死亡<新型コロナ>

2020年8月4日 21時43分

埼玉県庁

 県内では4日、新型コロナウイルスの新たな感染者49人と死者2人が発表された。
 県は、県内の70代男性と県外の80代男性が死亡したと発表。いずれも集団感染が発生した県内の病院に入院していた。
 また、41人の感染も発表。武南署の40代男性警察官や、集団感染している白岡市の障害者支援施設「太陽の里」の入所者の70代女性、25人の感染が判明している所沢第一病院(所沢市)の入院患者で80代男性らがいた。同病院については3日発表の中にも医療従事者2人がいたことが明らかになった。
 県教育局は、これまでに生徒2人が感染している県立岩槻高校で新たに生徒3人の感染が分かったと公表。同校で計5人となり、いずれも同じ部活動に所属している。
 越谷市は、クラスター(感染者集団)が発生した介護施設「葵の園・越谷レイクタウン」の利用者の80代女性ら2人、川口市は30代男性と40代女性、さいたま市は20代男女4人の感染を発表した。
                        ◇
 県警は、武南署の40代男性警察官=春日部市在住=の感染について詳細を説明。交番勤務で、7月18日に110番通報で対応した市民が感染していたことが後に分かり、PCR検査を受けた。一度は陰性だったが発熱があり今月3日に再検査し陽性に。この時臨場した警察官は4人いて、全員マスクは着けていたが、検査したところ3人が陽性だった。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの最新ニュース

記事一覧