「ご当地キャライベント、成田詣」オンラインで楽しむうな 来月20日に無料ライブ配信

2020年8月5日 07時05分

昨年9月のイベントで行われたパレードに参加するうなりくん=成田市で(同市提供)

 県内最大級のゆるキャライベント「ご当地キャラ成田詣」が、新型コロナウイルスの影響を受け、動画サイトを通じたステージイベントの無料ライブ配信を中心として、9月20日に成田市で開催される。実行委員会は、配信費用や専用サイト開設費用をまかなうため、クラウドファンディング(CF)を始めた。(小沢伸介)
 二〇一四年から成田伝統芸能まつりと同時開催し、例年十六万人の人出でにぎわっている。伝統芸能まつりは今回、全国各地の参加団体の移動、当日の観覧で「密」が避けられないことなどを考慮して中止を決めた。ただ、成田詣はオンラインなら開催可能と判断した。
 会場は市文化芸術センタースカイタウンホール。午前十時〜午後三時に、一時間のステージイベントを四回開催。それぞれ十五分の間隔を空けて換気や消毒といった感染防止策を施す。また、事前抽選制で現地観覧も計画しており、約三百の座席に対し、人と人との距離に配慮して各回約五十人に限定する。
 ウナギと飛行機がモチーフで、一七年にゆるキャラグランプリを獲得した成田市観光キャラクターのうなりくんがホストを務め、東北から九州まで約二十のキャラが集まり、五組のアーティストも共演する予定。新勝寺へのお参りやパレードなど屋外イベントは取りやめる。
 CFは専用サイト「READYFOR」で受け付けており、二十一日午後十一時までに二百五十万円が集まれば成立となる。三日現在で百七十万円を超えた。個人向けは千円〜十万円、企業向けは二十万円まで。お礼にうなりくんグッズのほか、参加予定キャラのぬいぐるみセットやご当地特産品セットが贈られる。
 実行委事務局の市観光プロモーション課の担当者は「うなりくんも各地のキャラも活動が減っており、イベントを通じてご当地に喜んでもらいたい。CFは事前PRも兼ねており、ページを見て楽しんでもらえたら」と話している。
 うなりくんは「大好きなまちのことを大好きなみんなに少しでも伝えられたらうれしいです。今年の成田詣も全力で楽しんでいこ〜! うな。」とのメッセージを寄せた。

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧