埼玉で新たに65人感染 80代の男性2人死亡

2020年8月6日 19時01分
埼玉県庁

埼玉県庁

  • 埼玉県庁
 埼玉県内では6日、新型コロナウイルスの新たな感染者65人と、死者2人が発表された。
 県は、県内と県外のいずれも80代の男性の死亡を発表。県内の男性は、クラスター(感染者集団)が発生している所沢第一病院(所沢市)の入院患者だった。4、5日に死亡発表した70~80代の男女3人も同病院の入院患者だと明らかにされた。新たな感染は47人で、うち50~90代の男女4人も同病院の入院患者。同病院関係の感染は計33人となった。
 また、県立大宮高校の生徒の感染も判明。同校で4人目だが、学級や部活動が異なり保健所は感染ルートはそれぞれ別とみている。
 川口市はクラスターが発生した市内の高齢者施設の職員ら男女8人の感染を発表。同施設関連の感染者は計16人となった。さいたま市は浦和署の20代男性警察官ら20~50代の男女5人、越谷市は30代女性、川越市は市内の10歳未満の小学生男児ら4人の感染を発表した。

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧