季刊誌「美100」創刊 両毛地域の主要駅などで配布 美しく歳重ねる

2020年8月8日 07時37分

「美100」創刊号をPRするご当地アイドル大塚みかさん=足利市で

 「美しく歳(とし)を重ねよう」−をコンセプトにした季刊誌「美100」(ビー・ハンドレッド)が七日、栃木、群馬両県にまたがる両毛地域で創刊された。主要駅や観光、スポーツ施設などで無料配布している。
 メインターゲットは四十代以上の女性。両毛地区の地域情報サイト運営や企業PR、タレント養成などを手掛ける足利市の「ハウディーズ」が手掛ける。
 表紙とインタビューは昨年の「国民的美魔女コンテスト」でグランプリに輝いた足利市の坂村かおるさん(53)。美しく老いる努力や葛藤について語っている。健康情報や美容、ファッション関連の書評、地域情報が満載で広告なし。江黒俊介社長(46)は「輝く女性を通じて明るい話題を提供していく」と話している。
 同社所属のご当地アイドルユニット「渡良瀬橋43」(足利市)、「Otan43」(太田市)に所属する大塚みかさん(23)らが編集に関わっている。B5判、オールカラー十六ページ。郵送にも応じる。問い合わせは同社=電0284(64)8084=へ。 (梅村武史)

関連キーワード

PR情報

栃木の最新ニュース

記事一覧