所沢でマンホールふた、キラリ 「らき☆すた」などデザイン

2020年8月9日 07時23分

アニメキャラのマンホール。組み込まれたLEDが午後5時〜午前2時に点灯する=所沢市で

 出版大手「KADOKAWA」の漫画やアニメキャラクターがデザインされたマンホールふた計二十八基が、一日にプレオープンした「ところざわサクラタウン」(所沢市)から最寄りのJR東所沢駅まで、約一キロの歩道上に設置された。同社などが建設したサクラタウンへの道しるべになりそうだ。(加藤木信夫)
 所沢市上下水道局が新たな収益源として推進している、マンホールふたへの広告事業の一環。「らき☆すた」「新世紀エヴァンゲリオン」などのキャラクター部分に発光ダイオード(LED)を組み込み、午後五時〜午前二時に発光させることで、広告効果を高めるとともに、歩行者の安全や防犯に寄与することも目指している。 

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧