埼玉で新たに36人の感染を確認 クラスター発生の所沢第一病院で6人

2020年8月11日 21時20分

埼玉県庁

 埼玉県内では11日、新型コロナウイルスの新たな感染者36人が発表された。
 県は25人の感染を発表。うち6人はクラスター(感染者集団)が発生している所沢第一病院(所沢市)の80~90代の患者4人と医療従事者2人。同病院関係の感染者は計47人となった。
 県教育局は県立与野高校(さいたま市)で生徒1人の感染を公表した。同校では生徒2人と教員1人の感染が判明している。
 さいたま市は市内や川口市に住む20~70代の男女6人の感染を発表。このうち、さいたま市の60代無職男性は重篤な肺炎がみられ、市内の医療機関の集中治療室(ICU)に入院した。
 また、埼玉大学は20代の学生の感染が7日に判明したと発表。学内に濃厚接触者はいないという。
 川口市は市危機管理部の男性職員ら10~50代の男女5人の感染を発表した。市職員は6日から出勤しておらず、市民との接触はないという。

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧