茨城で新たに3人の感染を確認 龍ヶ崎市で4人家族の3人が感染

2020年8月11日 18時52分

茨城県庁

 県は11日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計406人となった。
 3人は、龍ケ崎市の40代の女性会社員、大洗町の60代の無職男性、日立市の80代の無職女性。
 龍ケ崎市の女性は、6日に感染が判明した40代男性と、7日判明の10代男性の同居家族。同居家族4人のうち3人の感染が確認され、残る1人は陰性だった。それぞれの続柄などは明らかにしなかった。
 女性は6日、PCR検査でいったん陰性となったが、発熱や倦怠感がみられたために再度検査し、陽性と判明した。症状は重くないという。
 大洗町の男性は、10日に水戸市発表分として計上され、同町内で同居する50代の自営業男性の兄。市内の繁華街の利用者ではなかった。せきや咽頭痛、倦怠感や発熱などの症状があったが、軽症という。
 日立市の女性は1人暮らし。せきや倦怠感、下痢などの症状があった。県は感染経路などを調べている。
 水戸市内の繁華街で実施している「PCR検査ローラー作戦」では926人が検査を希望し、これまでに708人の検体を採取。検査結果が判明した550人のうち2人が陽性だった。(出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧