<新型コロナ>前橋を皮切りにマスク配布開始

2020年5月24日 02時00分

布マスクをバイクに積み込む職員=前橋市城東町で

 国が全世帯に配布する布マスクの配達が二十三日、県内でも前橋市を皮切りに始まった。他の市町村では、配達担当の各郵便局に布マスクが国から届く日は未定。県内すべての約八十万世帯への配達を終える時期は不透明だ。
 前橋中央郵便局には第一弾となる約二万八千八百世帯分の布マスクが到着済み。職員は布マスクを積んだバイクに乗り、各世帯の郵便受けに投函(とうかん)した。
 届いた布マスクを手にした前橋市の作道陽子さん(75)は「ありがたい。真心がこもっていて感謝です」と喜んだ。一方、高崎市の男性(72)は「間に合っているので布マスクはあまり欲しくない」と話していた。
 布マスクの全世帯配布は、安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染防止のため四月一日に発表。ただ、一部で汚れなど不良品のマスクがあり回収されたため、配布は遅れていた。(池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧