江東区小中PTA広報紙コン 第二亀戸小と深川第四中 高い取材力、区長賞に

2020年8月14日 07時15分

区長賞に選ばれた第二亀戸小PTAの「おやがめ」(左)と深川第四中PTAの「いずみ」(右)

 江東区立小中学校のPTAが発行する広報紙の出来栄えを競う、本年度のコンクールの結果が発表された。最高賞の区長賞には第二亀戸小PTAの「おやがめ」と、深川第四中PTAの「いずみ」が選ばれた。
 小中学校あわせて六十一校が参加。昨年四月から今年三月にかけて発行した広報紙から、それぞれ最も自信のある一点を応募した。
 「おやがめ」は、「こどもたちを見守るPTA」と題して、通学路をチェックする特集記事を掲載した。現状と課題、PTAの取り組みを手書きの地図とともに紹介。「保護者の理解を促進させる取材力」が評価された。
 「いずみ」は、大航海時代の海図を取り入れたデザインが印象的だった。PTA活動や部活動、学校の歴史など「知りたい情報が満載」で「PTAって必要?」という記事もあり、踏み込んだ企画力、取材力が高く評価された。
 このほかの入賞作は、次の通り。
 ▽教育委員会賞 「たいよう」(浅間竪川小)、「Kakehashi@有明」(有明中)▽小学校PTA連合会長賞 「三砂小だより」(第三砂町小)▽中学校PTA連合会長賞 「深川三中PTA会報」(深川第三中)▽企画賞 「あゆみ」(第四砂町小)▽審査員賞 「sun sun Toyo」(東陽小)、「ねっとわーく」(毛利小)、「めたせこいあ」(水神小)、「四大だより」(第四大島小)、「深川八中夢通信」(深川第八中)、「O・West 西中PTAだより」(大島西中)、「響き」(第三亀戸中)

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧