獅童と初音ミク共演 「超歌舞伎」16日生配信

2020年8月14日 07時33分
 最先端の通信・映像技術を駆使し、中村獅童(しどう)ら歌舞伎俳優とCGの仮想アイドル初音(はつね)ミクが“共演”する「超歌舞伎『夏祭版 今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』」が16日午後7時から、インターネットの「ニコニコネット超会議2020夏」で無料生配信される。
 東京都内の劇場で観客を入れずに上演して生配信。カメラワークを工夫し、視聴者が驚く演出も予定しているという。超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」は過去にも上演しているが、獅童は「今回は“夏祭版”として、今までとは異なった作品になると思います」。
 超歌舞伎は2016年、NTTの技術を使い、千葉・幕張メッセでのイベント「ニコニコ超会議」の中で開始。今年4月にも幕張メッセ、6月には京都・南座で上演が予定されていたが、コロナ禍で中止となった。

関連キーワード

PR情報