夏の夜空に一筋の光 富士宮で流星観測

2020年8月14日 07時55分

登山客がいない富士山の上空で光を放つペルセウス座流星群の流星。12日午後11時23分から13日午前2時6分までに撮影した4枚を比較明合成。地球の自転で放射点は移動している=富士宮市の西臼塚駐車場で

 夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」は十二日夜から十三日未明にかけて、県内でも出現のピークを迎えた。
 三大流星群の一つ。彗星(すいせい)がまき散らしたちりの帯を地球が通過する際、大気との摩擦でちりが燃えて光を放つ。
 富士山スカイラインの西臼塚駐車場(富士宮市)では、真っ暗な山の上に一筋の光が夜空を照らした。新型コロナウイルス感染拡大を受け、閉山されている富士山は、お盆時期でも山小屋や登山客の明かりが見られない。
 国立天文台によると、流星は十三日夜も観測できる。 (立浪基博、写真も)

関連キーワード


おすすめ情報