漁港で素潜り サザエみっけ 小学生漁業体験 伊東・富戸

2020年8月14日 07時54分

地元のダイバーらの指導で素潜りに挑戦する小学生=伊東市の富戸漁港で

 伊東市の「伊豆・いとう地魚王国」は、磯遊び事業・小学生漁業体験を、市内の富戸漁港内で開催した。市内の小学5、6年生を中心に約80人が、海中の素潜り体験や漁船乗船などに取り組んだ。
 素潜り体験は危険も伴うため、地元のダイバーらがゴーグルやシュノーケルの使い方などを指導。その後小学生らはシュノーケリングに挑戦、あらかじめ海底にまかれたサザエ探しに歓声を上げた。
 漁船乗船では、伊豆半島ジオパークのみどころの一つ、城ケ崎海岸一帯の絶景を、ジオガイドの案内で沖合から楽しんだ。
 同王国は2015年、伊東の地魚情報や料理のレシピなどを広く発信しようと、市や漁協、商工会議所が中心となり組織。海の環境や海に関する仕事などについて地元の子どもに学んでもらおうと、事業を開催している。 (杉本三佐夫)

関連キーワード


おすすめ情報