<コロナ緊急事態>学生1人当たり3万円 市補正予算

2020年5月2日 02時00分
 沼田市の横山公一市長は一日、新型コロナウイルス対策費五十億三千八百万円の二〇二〇年度一般会計補正予算を専決処分した。
 子育て支援として、大学や短大、専門学校などに通う学生を扶養する世帯に学生一人当たり三万円を支給する。対象は約千三百人。
 国の児童手当一万円上乗せに関しては、市独自にさらに五千円を上乗せする。児童手当上乗せの対象外となる高校二、三年生を扶養する世帯には、生徒一人当たり一万五千円を支給する。生徒九百人が対象。
 減収事業者支援では、収入が50%以上減った中小企業に最大二百万円を支給する国の「持続化給付金」の対象外となる企業や個人事業主などに、十万円を市独自に支給する。対象は二~六月のうち任意の一カ月の減収額が前年比30%以上50%未満の企業など。七百五十社分の七千五百万円を確保した。
 国が全国民に一人十万円を配る特別定額給付金については、事務費も含めて四十七億六千百万円を計上した。(渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧