<新型コロナ>県内宿泊施設の損失額40億2000万円 3~6月、群馬県調査

2020年4月30日 02時00分
 新型コロナウイルス感染症の拡大のため、県内の旅館やホテルなど宿泊施設のキャンセルによる三~六月の損失額は約四十億二千万円に上ることが県の調査で分かった。
 県が二十二日、全三十五市町村を通じて四百八十六施設を対象に調査した。キャンセルは約三十八万五千人泊(宿泊人数と宿泊数をかけた数字)で、予約状況は前年比一~四割ほどにとどまった。
 美術館や遊園地など百六十施設中、休業しているのは百十五施設。一部休止や短縮営業は二十五施設だった。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧