<新型コロナ>営業パチンコ店公表へ GW、宿泊・観光施設に自粛要請

2020年4月28日 02時00分
 山本一太知事は二十七日の臨時記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための緊急事態宣言に基づく休業要請に応じない県内のパチンコ店について、二十八日正午時点で営業が確認された場合、店名を公表すると発表した。
 県には、営業中のパチンコ店に関し「大勢の客が集まっている」と苦情が寄せられている。県は二十四~二十六日、営業していた店舗に休業を要請。二十七日時点で、二十五店の営業を確認した。施設名の公表は法律に基づき、山本知事は「感染拡大を防ぐため、ぜひ休業に協力いただきたい」と述べた。
 ホテルや旅館、民宿などの宿泊施設と、ゴルフ場やロープウエーなどの観光施設に対しても、大型連休の二十九日~五月六日に休業を求めた。協力した場合、「感染症対策事業継続支援金」として一事業者当たり二十万円を支給する。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報