<新型コロナ>富岡市、全市民に1万円支給へ 小規模事業者には3万円

2020年4月26日 02時00分
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策として、富岡市は市民全員に一人一万円を支給する方針を明らかにした。
 市民約四万八千人が対象で、支給総額約四億八千万円は補正予算案に計上する方針。政府が全国民を対象に一律十万円を給付する作業に合わせ、市単独事業として上乗せする方向で準備を進める。
 市内の飲食店や卸売業、小売業者など小規模事業者に対しては、一律三万円の「緊急応援金」を交付する。七月末まで事業者からの申請を受け付ける。
 同ウイルス感染拡大に伴う外出自粛などで、打撃を受けている小規模企業や個人事業者らの支援が目的。宿泊業や衣料品店、理美容店、ピアノ教室などサービス業も含む。個人事業主か、常用従業員五人以下(昨年十二月現在)の企業が対象になる。
 市は七百五十店舗の受給を想定し、事業費二千二百五十万円は予備費を充てる。(石井宏昌)

関連キーワード

PR情報

群馬の最新ニュース

記事一覧