<新型コロナ>2人死亡、県内死者14人 高崎で1人の感染判明

2020年4月27日 02時00分
 県は二十六日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和の苑」の利用者と入居者の計二人が二十五~二十六日に死亡したと発表した。同ウイルス感染症による県内の死者は十四人になり、うち十三人が藤和の苑の関係者となっている。
 県によると、施設のデイサービスを利用していた伊勢崎市の八十代の女性が二十五日に、入居者の九十代の女性が二十六日にそれぞれ入院先で亡くなった。
 高崎市では二十六日、新たに一人の感染が判明した。県内の感染者は累計で百四十一人になった。市によると、感染が分かったのは市内の高齢者施設に入所する八十代男性。施設は個室管理だが、入所者と職員の全員を検査する。 (石井宏昌)

関連キーワード


おすすめ情報