<新型コロナ>子ども食堂にマスク提供

2020年4月27日 02時00分

手作りマスクを手渡す永井さん(右)=安中市で

 新型コロナウイルス感染拡大によるマスクの品薄状態を受け、安中市松井田町で活動する子ども食堂「子どもワクワク食堂」で26日、同町の友禅作家永井與子(ともこ)さん(72)が手作りした布製マスクが配られた。
 永井さんが友禅制作の傍らで昨年11月から月に1度、町内のバリアフリーペンション「まついだ森の家」を借りて別の子ども食堂を開催している縁で、手作りマスクの提供に協力した。
 永井さんは、本紙に掲載された型紙と立体マスクの作り方を参考にマスク作りに取り組んだ。てぬぐい地に、さらしを2枚重ねにした立体マスクを作って知人に贈ると大好評だったという。永井さんは「1日に8枚作るのがやっとだが、多くの人に喜んでもらえるなら」と製作に励む。
 永井さんからマスクを受け取った母親は「マスクがなかなか手に入らず、あっても高くて買えない。洗って使えるので助かります」と感謝していた。 (樋口聡)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧