<コロナ緊急事態>2人死亡、県内死者11人 新たに4人感染、合計138人に

2020年4月24日 02時00分
 県は二十三日夜、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和の苑」のともに入居者で、九十代の女性と八十代の男性が死亡したと発表した。県内の死者は十一人となり、このうち十人は藤和の苑入居者。
 県はさらに、四人の感染も確認されたと発表。太田市の太田記念病院の四十代男性看護師、藤和の苑関係者の他、太田保健所、高崎市保健所の管内が各一人だった。県内の感染確認者は計百三十八人となった。
 一方、県は二十三日夕、新型コロナウイルスの感染が確認されたと二十二日夜に公表した三人の職業などを発表した。
 このうち一人は、藤和の苑入居者で九十代の無職女性。残る二人は、利根中央病院(沼田市)の診療放射線技師の五十代男性と、十八日に感染が判明した同病院の三十代の女性看護師の濃厚接触者で、会社員の五十代女性だった。(池田知之、市川勘太郎)

関連キーワード


おすすめ情報